gacetadelahabana.com

道徳教育に関する重要性

幼児や早期教育は常識 道徳教育に関しては、児童生徒が人間としての在り方について自覚しながら、人生をさらに良く生きていくために、その基盤となっている道徳性について育成していくものとなっています。また、教育が人格の完成について目指しながら行われていくものである以上、道徳教育に関しては学校教育による基本にかかわるものと言えるでしょう。特に近年においては、子どもたちを取り巻いている環境が大きく変化しており、なお、道徳性の問題について想起させてしまうような様々な社会問題についても発生しており、家庭や地域社会とも十分に連携していきながら、道徳教育にとって一層の充実を図っていくことが求められています。

そして、文化や伝統に対する理解について深めながら、尊重し、そして継承していき、発展させていく態度について育成していくことは、次代を生きていく児童生徒が、個性豊かである文化の創造や社会の発展に貢献していくと同時に、これからの国際社会において信頼されていき、主体的に生きていくために重要となっています。このため、文部省においては、平成7年度より伝統文化教育推進地域について指定していき、小・中・高等学校による教育活動において、地域社会における協力の下、児童生徒が地域に伝わっていくような伝統文化について実体験しながら、その心に触れていく教育を推進していく伝統文化教育推進事業を実施しています。

Copyright (C)2019幼児や早期教育は常識.All rights reserved.