gacetadelahabana.com

理想の押し付けは身勝手な教育である

幼児や早期教育は常識 将来自分に子供ができたらどう言った子供に育てようか迷うことがあるでしょう。たくさんの愛情を注いで育てるので、できるだけ自分の理想の子供に育ってほしいと思う人が数多くいます。そのために、教育熱心な人は子供が小さい頃から英才教育などを施します。日本ではいい職業に就けるかどうかは学歴によって大きく変わります。上位の学校に通うためにはそれなりに勉強ができなければいけません。まあ、いい職業に就いてもらうことが自分にとっての理想であるとは一概には言えませんが。

しかし、子供が親の言うことを素直に聞くのは小さい時だけです。子供も親の見ていない所で様々なことを経験しているので、ゆっくりと成長していきます。自分が将来どんなことをしたいのかも自分で考えるようになります。それは親の考えている理想とははるかにかけ離れていると言うこともあるでしょう。親と意見が衝突して喧嘩になることもあるかもしれません。こう言う時は親は素直に子供の考えを受け入れなければなりません。子供の意思を潰してまで親の理想を押し付けることは「身勝手な教育」と言えます。親が教育を施すのは子供が成熟するまでです。子供が自分のことを自分で決めるようになったら、親はそれを後押ししてあげましょう。

Copyright (C)2019幼児や早期教育は常識.All rights reserved.